【近畿の魅力発信Vol. 95兵庫県川西市】

【近畿の魅力発信Vol. 95兵庫県川西市】
今回は、兵庫県川西市をご紹介します。
川西市は、兵庫県の南東に位置しており、大阪府との県境に面しています。JR、阪急電鉄、能勢電鉄が乗り入れるため、駅前はともて発展していて、商標施設が広がっています。そこで、今回訪問したのは、「一庫ダム」です。この漢字、「ひとくら」と読みます(笑)。
この一庫ダムは、猪名川・神崎川沿岸の治水、川西市を始め尼崎市など猪名川沿岸各自治体への上水道供給を目的とした多目的ダムです。ダムによって形成された知明湖が隣接していますが、知明湖はダム湖百選に選定されています。

偶然にも訪問した日にイベントが開催されていたため、放水していました!!!放水することは非常に珍しいとのことですので、とてもラッキーでした。

また、ダムカードも入手できました!!初めて「ダムカード」の存在を知りましたが、ダムの熱狂的なファンの間では、ダムカードの収集がはやっているそうです。確かに1枚手にしてみると、他のカードも集めてみたいような気もします(笑)

なお、この一庫ダムでは、主に子供を対象としたイベントが、1年をとおして開催されています。ダムの内部見学、ダム下流での稚あゆの放流・マス釣り、清掃活動などのイベントがありますが、なかでもダムの内部見学は、とても人気だそうです。
 情報化社会の昨今、多くのことをインターネット等から知ることができるはずなのに、地域の魅力は、実際に足を運ばなければ発見できないことが多いのですね。一庫ダムは、空気がきれいで、ダムの放流されている様子が力強く、とても印象的でした。次回は、ダムの内部見学に参加したいですね。
 そんな川西市では、数多くある観光名所等の情報発信が課題となっています。各名所はそれぞれイベントを開催するなど、創意工夫しているので、近隣住民のみならず、他の都道府県からの訪問者を増やしたいところです。

【つくろう近畿の魅力満載ツアー】のアンケートを実施しています!是非記事を読んで、行きたい観光スポットや、食べてみたいグルメ、気になる特産物など教えてください!