【近畿の魅力発信Vol. 97兵庫県芦屋市】

【近畿の魅力発信Vol. 97兵庫県芦屋市】
今回は、兵庫県芦屋市をご紹介します。
芦屋市は、兵庫県で2番目に面積が小さい自治体ですが、知名度でいえば兵庫県イチではないでしょうか。「芦屋」と聞けば、裕福な方がたくさん住まれている高級住宅街という印象を受けます。実際に、敷地面積400平方メートル以上の土地にのみ戸建住宅の新築が許可されるといった内容が条例で規定されているそうです。
そんな芦屋は、国際観光文化都市に指定されており、古くから外国の文化を取り入れた風光明媚な街並みが広がっています。それは、建築物などの景観のみならず、食文化とて同様です。多くのレストランが立ち並び、どのレストランでも見事なお料理が提供される競争激戦区です。とくに、外国の食文化の象徴たる「パン」については、古くから近畿地方全域レベル知られる老舗のパン屋から、近年オープンした地元民に愛されるパン屋まで、枚挙にいとまがありません。そこで今回は、個人的にお勧めの2店をご紹介します!
 一軒目は、芦屋市民で知らない人はいないはず!の「PanTime」です。敷地内の駐車場はいつも満車で、店内にはいるのにも一苦労です。多様なパンが販売されている
他に、ソフトクリームやコーヒーなどのテイクアウトも取り扱われていて、いずれも本格的なお味です!!クロワッサンひとつとっても、ブルーチーズ入りのクロワッサン、のりとカマンベール入りのクロワッサン、プレーンクロワッサン、スイーツ系のクロワッサンと、どれを買おうか相当迷いました。ブルーチーズ入りのクロワッサンと、のりとカマンベール入りのクロワッサンを絞り込めず、どちらも購入しましたが、ワインにぴったり合って、本当においしかったです!

そして、二軒目は、先程の「PanTime」とも割と近い「BIOBROT」です。ここでは、全粒粉を使用したドイツパンを、全て対面販売されています。すべてのパンが試食もできるんです!!牛乳・卵不使用で、小麦全粒粉、酵母、水、塩だけでつくるシンプルな食事パンがお勧め商品とのことだったので、そちらを購入しました。ドイツパンにあうような生ソーセージ、シュークルート、パテなどを芦屋にあるお総菜店で購入し、楽しい&おいしい食卓になりました。素朴ながらもしっかりと味のあるパンでした。一般的なドイツパン程に酸味もなく、ソーセージやパテと一緒に食べるのにピッタリでした。

そんな芦屋市では、国際文化都市のブランド力にさらに磨きをかけ、来街者を増やしていくことが課題です。芦屋市は食の宝庫です。色んなレストラン等もありますので、是非とも足を運んでもらい、神戸・三宮、大阪市、京都市とは異なる、芦屋の食文化に触れてもらいたいです。

【つくろう近畿の魅力満載ツアー】のアンケートを実施しています!是非記事を読んで、行きたい観光スポットや、食べてみたいグルメ、気になる特産物など教えてください!