【近畿の魅力発信Vol. 99和歌山県印南町】

【近畿の魅力発信Vol. 99和歌山県印南町】
印南町は和歌山県中部に位置し、南西部は海に面しているが、他はほとんど紀伊山地の西の端に当たる山林地帯であります。海側は黒潮の影響で温暖であるが、山側は標高が高く寒冷な気候で冬には降雪も見られます。

町の中心部に掛かる「かえる大橋」は印南町のシンボルになっています。

印南町はスイカやエンドウ、花卉の栽培が盛んです。
町の直売所を覗いてみました。

色とりどりの花卉類が販売されています。

メロンに!

スイカ!

今回はスイカを購入しました。
お味はもちろん最高です。近隣の町からわざわざ印南町まで買いに来るのも頷けます。

このように自然環境に恵まれ、多くの特産品を誇る印南町は、町の歴史も古く、数々の伝説や言い伝えを残す歴史遺産が町内に点在するなど、観光面でも魅力を秘めた町ですが、知名度が低く通過するだけになってしまっています。より幅広いPRを行い目的地となる施策が必要です。

【つくろう近畿の魅力満載ツアー】のアンケートを実施しています!是非記事を読んで、行きたい観光スポットや、食べてみたいグルメ、気になる特産物など教えてください!