【近畿の魅力発信Vol.109兵庫県多可郡多可町】

【近畿の魅力発信Vol.109兵庫県多可郡多可町】

今回は、兵庫県多可郡多可町をご紹介します。
多可郡多可町は、兵庫県のほぼ中央に位置しており、2005年11月1日 に多可郡中町・加美町・八千代町が合併して誕生した町です。周囲が山に囲まれており、ドライブ中の風景は非常にのどかです。道中、少しまよってしまった先で、野生の親子鹿三匹に遭遇しました。このように自然豊かな多可町ですから、季節ごとの大自然を体感できます。たとえば、5月末から6月末にかけてはホタル観賞ができ、5月から7月にかけてはラベンダーが見ごろを迎えます。残念ながら、9月末というタイミングでいずれも観賞することができませんでしたが、次回は5月末から6月にかけて訪問したいですね。

 そこで今回は、多可町の中で最も南に位置する八千代区にある「エアレーベン八千代」を訪問してきました。この施設では、そば打ち、豆腐づくりなど食にまつわる体験教室が多く、子供でも大人でも楽しめます。また、レストランはお豆腐が食べ放題で、野菜もたくさん食べられます。また、店内の売店では、多くの豆腐に関連する商品が販売されていました!その中から、お土産として、お豆腐とおからを購入しました。また、豆乳ソフトクリームが人気だと聞いたので食べてみましたが、とても甘くて豆乳が苦手な方でも、まったく無理なく食べられるはずです。むしろ、このソフトクリームの方が、通常のソフトクリームより美味しいのでは!!

11月には「ひょうご森のまつり」や「ふるさと産業展」が開催されるそうです。地元の産物にたくさん触れることができる絶好の機会ですので、多可町の大自然の中で穏やかな時間を過ごすのも良いのではないでしょうか。

【つくろう近畿の魅力満載ツアー】のアンケートを実施しています!是非記事を読んで、行きたい観光スポットや、食べてみたいグルメ、気になる特産物など教えてください!