【近畿の魅力発信Vol.117兵庫県たつの市】

【近畿の魅力発信Vol.117兵庫県たつの市】
今回は、兵庫県たつの市をご紹介します。
兵庫県たつの市は、兵庫県の南西部に位置し、南北に長い地形になっています。このたつの市は、2005年10月1日に龍野市、揖保郡新宮町・揖保川町・御津町(揖龍地域・旧制揖保郡のうち太子町を除く自治体)が合併して誕生した市であり、自治体名は「たつの」と表記されるものの、歴史的固有地名は「龍野」、駅名は「本竜野」・「竜野」と表記されます。市中心部龍野町には武家屋敷や白壁の土蔵が今も残っており、龍野藩5万3千石の城下町の面影から「播磨の小京都」と呼ばれています。
ところで、たつの市は、醤油を地場産業とすることで知られているのをご存知でしょうか。たつの市内には多くの醤油の会社があり、ちょうど、目的地に向けて進んでいると、「ヒガシマルしょうゆ」でしられるヒガシマル醤油株式会社の巨大な工場が目前に現れました.

そんなたつの市の中で今回訪問した先は、「龍野城址」です。築城年は、1499年と非常に古く、石垣のみが当時のものが現存していますが、御殿、武具櫓、隅櫓(模擬)、埋門は再建されているそうです。御殿は、館内を自由に観覧することができ、歴史を感じることができました。
隣には、たつの市立龍野歴史文化資料館が併設されていました。歴史好きには必見ではないでしょうか。

そんなたつの市は、風土が生み出した手延素麺や醤油醸造、皮革産業、かばん産業といった地場産業が根づく一方で、ハイテク産業や電機産業も発展を続けています。
【つくろう近畿の魅力満載ツアー】のアンケートを実施しています!是非記事を読んで、行きたい観光スポットや、食べてみたいグルメ、気になる特産物など教えてください!