【近畿の魅力発信Vol.125大阪府富田林市】

【近畿の魅力発信Vol.125大阪府富田林市】
今回は、大阪府富田林市をご紹介します。
富田林市は、大阪府南河内地域に位置する市です。戦国末期より、紀伊国(和歌山県)へ続く街道の宿場町であり、興正寺別院を中心とする寺内町として発展しました。大阪のベッドタウンとして開発され、発展されている富田林市ですが、先の富田林寺内町には戦国時代に起源をもつ歴史的建造物からなる街並みがいまだに現存しており、重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。富田林市の西部には、金剛ニュータウンが広がり、また南部では、金剛・葛城連峰を背景に丘陵と田園風景が広がり、農業公園やスポーツ公園などが数多くある自然豊かな町並みが続きます。そんな中、今回訪問したのは、田園風景の中に突如現れるオシャレなカフェです。多くの雑誌で取り上げられている有名店で、地元民にとっては、自慢の名所ではないでしょうか。
 その名も「ONIJAS COFFEE」です。

このオシャレな外観の建物が田園風景に馴染んでいるとまではいえませんが、樹木を活かした建築物だからか、さほど違和感はありませんでした。しかし、とにかくオシャレなんです!!店内も広々としていて、豊かな光が差し込み、悠然とした雰囲気が漂っています。

9時オープンだというのに、9時30分には店内の座席がほぼ満席となっていて、相当な人気振りをうかがえました。ところで、店名である「ONIJAS」とは、あまり聞き慣れない言葉ですが、Original(オリジナルであること)、Natural(自然体であること)、Inhabitant(近隣住民のためのお店であること)、Junction(人生の拠点となること)、Uniqueness(独自性をもっていること)、Satisfaction(満足感を創造すること)という単語の頭文字を連ねた造語だそうです。たしかに、それらすべての単語を頭によぎらせる空間だなぁと思います。

オシャレなのに居心地の良い店内から見える田園風景に、さほど違和感さへなく、安堵するのはこの場所でしか触れられないものかもしれません。ぜひ一度、この空間を肌で感じてもらいたいです。富田林市には、たくさんの公園やレジャー施設がありますので、道中に寄ってみてください!

【つくろう近畿の魅力満載ツアー】のアンケートを実施しています!是非記事を読んで、行きたい観光スポットや、食べてみたいグルメ、気になる特産物など教えてください!