【近畿の魅力発信Vol.137京都府京田辺市】

【近畿の魅力発信Vol.137京都府京田辺市】
 ~日本一の玉露 京田辺市の魅力~

筆者の住んでいる町でもある京田辺市は、京都府南部に位置する市であり京都市・奈良市・大阪市のベッドタウンとして関西でも人気の地域となっています。また同志社大学・同志社女子大学がある「学生のまち」でもあり、とんちで有名な一休さんゆかりの一休寺などもあります。
京田辺市は、宇治茶の中でも最高級品である玉露の生産が盛んで、実は過去に日本で一番優れたお茶を決める全国茶品評会において玉露部門の一等一席(農林水産大臣賞)を数多く輩出しており日本一の玉露の町なのです。
丁寧に丁寧に作られる京田辺の玉露は、他のお茶とは比較にならないほどの旨味成分が含まれます。
「まったり」と言った表現をされるように、甘みが強く、喉ごしが良いのが大きな特徴です。
玉露の旨味を十分引き出すには、ゆっくりと時間を掛けて淹れるのがコツです。
玉露作り体験をできるところもありますので、ぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか。

一休寺のなかにある一休さんの像

京田辺市は京都の中でも京都市や宇治市に比べると知名度が低いので、「日本一の玉露のまち」を前面にアピールし、観光地として旅行客を呼び込みたいです。
【つくろう近畿の魅力満載ツアー】のアンケートを実施しています!是非記事を読んで、行きたい観光スポットや、食べてみたいグルメ、気になる特産物など教えてください!