【近畿の魅力発信Vol.160 奈良県北葛城郡王寺町】

【近畿の魅力発信Vol.160 奈良県北葛城郡王寺町】

~聖徳太子の愛犬・雪丸が見守る、JR2線と近鉄2線が集結する鉄道のまち~

 

 

王寺町は、奈良県北葛城郡北端に位置する、大阪市のベッドタウンです。

王寺駅にはJR西日本関西本線と和歌山線、近鉄生駒線および田原本線(新王寺駅)が接続し、県北部のターミナルのひとつとなっています。また、道路では国道25号や国道168号が交わる交通の要衝でもあります。

 

今日は、そのJR2線・近鉄2線が集結する奈良県内有数のターミナル駅である、関西本線と和歌山線の3面5線の地上駅で、日中大阪方面からの普通電車が折り返す運行上の境界駅である王寺駅をご紹介いたします。

圧巻!!の線路図です。

雪丸ロードから国道25号線の高架の上から、この景色は見られます。

階段で降りてくると…

近鉄田原本線の線路真横です!

別の角度から、高架を見上げてみました。

そしてぶらぶらと散策。雪丸ロード入口のモニュメントを目指します。

いました、雪丸です!

国道25号線と国道168号線、奈良県道36号線とが合流する達磨橋南詰では、王寺町の公式ゆるキャラ「雪丸」がお出迎えしてくれます。

この「雪丸」は聖徳太子の愛犬だったと言われ、何と人間の言葉を話し、お経まで唱えたそうです。

 

王寺町には雪丸のお墓がある、いわば雪丸の故郷。

王寺町は、まちの広報大使も務める雪丸型の小型無人機(ドローン)=「雪丸ドローン」を製作し、大きな話題を集めました。飛行時は、まるで4本の脚が歩いて「空中散歩」をしているかのように動く精巧なもので、国土交通省によると、ドローンと合体した“空飛ぶゆるキャラ”は「前例がない」といいます。

雪丸ドローンは、国の地方創生交付金約1600万円を活用して製作されました。完成したPR動画「雪丸散歩」(2分20秒)は、町の上空15メートルほどの高さを雪丸が“空中散歩”しながら、名所を紹介する内容となっています。

 

公式サイト→http://www.town.oji.nara.jp/yukimaru_sampo/

 

まちおこしには、時にはこんな思い切ったアイデアも必要なのかもしれませんね。