【近畿の魅力発信Vol.172 京都府船井郡京丹波町】

【近畿の魅力発信Vol.172 京都府船井郡京丹波町】

~丹波ワインが経営するワイナリー&レストラン~

 

 

京丹波町は、古来より京都と山陰を結ぶ山陰道および綾部街道へ抜ける街道沿いに宿場町として栄えたまちです。

主な産業は、農業(ブドウ、稲作、酪農が中心)と林業で、古くから丹波の名産を生む中心的地域でありました。特産物は、丹波マツタケ、丹波黒豆(特に、旧和知町で生産される「和知黒」は評価が高い)、丹波栗、丹波牛、丹波ワインなどがあり、全国的に名高いブランドを保有しています。

 

丹波ワインは1979年に創業者の黒井哲夫により、「京都の食文化に合うワインを創る」という熱い想いを持って、スタ-ト致しました。想いは通じ、1984年以来、6年連続でモンドセレクション金賞を受賞することが叶いました。