【近畿の魅力発信Vol.151 奈良県葛城市】

【近畿の魅力発信Vol.151 奈良県葛城市】

~道の駅「ふたかみパーク 當麻」~

 

葛城市は奈良県北東部に位置し、北は香芝市、東は大和高田市、南は御所市、西はと隣接しております。金剛山・葛城山・二上山の山並みが広がる緑豊かで歴史あるまちです。また相撲発祥の地としても有名です。
JR大和路線、近鉄南大阪線などによって大阪、京都方面と結ばれており、西名阪自動車道により大阪方面からのアクセスも抜群です。

 

今回は『道の駅 ふたかみパーク當麻』にお邪魔致しました。

この日は休日ということもあり、人がとても多かったです(笑)駐車場も決して小さくはないのですがいっぱいで、軽い渋滞ができていました。地元でも人気スポットのようでたくさんの人で賑わっていました。

 

この道の駅の名物である『串こんにゃく』です!一本100円と安価ながらしっかりと味の染みた優しい味で格別でした!人気なのも頷ける…

カロリーが低い(←ここ重要)ので三本食べてしまいました。

そして、もう1つの名物『紫蘇ソフト』です!どんな味なのだろうかと少しドキドキしながら食べましたが、紫蘇のほのかな香りと酸味のあるさっぱりとしたソフトクリーム、これまた美味しかったです。夏の暑い季節には更にオススメの一品です!

道の駅の施設内には、地元で採れた新鮮なお野菜や特産品がズラリと並んでおりました。私も、わさび菜や山菜など購入しましたが、とても香りが良く美味しかったです。

こちらでは焼きたての自家製のパンを販売しており、地元の人にも大人気の商品とのこと。特にライ麦食パンは飛ぶように売れており、僕の購入した直後に完売していました(笑)

 

課題としては、相撲発祥の地として、

①近隣市町村との連携による日本遺産登録に向けた取り組み推進や観光PR

②當麻寺及びその周辺を活用した文化発信

③景観向上のための無電柱化の推進

があげられ、名物・名産の開発・発掘を行いながら、「道の駅」をハブ駅として、地域の交通ネットワークを充実していきたいとのことでした。