【近畿の魅力発信vol.023大阪府岸和田市】

【近畿の魅力発信vol.023大阪府岸和田市】

岸和田の魅力は数多くあるのですが、だんじり祭以外については認知度が低い状況にあります。「岸和田で有名なものは?」との問いに、だんじり以外の回答が出てこないことはしばしば。

そこで、意外と知られていない岸和田観光スポット「岸和田城」についてご案内したいと思います。

岸和田城は別名千亀利城(ちきりじょう)と呼ばれるお城で、大阪府に現在天守閣がある城は岸和田城と大阪城のみです。

まだ早かったですが、これからの時期お花見にもとてもいいと思います!

南海本線岸和田駅から徒歩10分ほどの距離で、南海電車の社内からも天守閣を望める立地の中には、天守、八陣の庭、二の丸公園などがあります。公園では、地元住民や観光客がゆったりくつろいでいらっしゃいました。また、二の丸公園内にはCLUB CONTRADAというイタリア料理店もありました。

岸和田市の課題としては、世界の玄関口である関西国際空港からは鉄道・自動車とも20分ほどでアクセスできる要衝の地にもかかわらず、外国人観光客を効果的に取り込めていない事が挙げられます。

公益社団法人日本青年会議所近畿地区協議会持続可能な近畿確立委員会は新たな経済循環のビジネスモデルを確立するために運動しています。
地域の魅力と課題の発信、そしてそれを解決するため、市町村の枠を超えた地域の魅力同士のマッチングやコラボレーションの提案を目指しています。
6月末までマッチング・コラボレーション先の募集をし、7月以降は実際にマッチング・コラボレーションし、課題を解決・ビジネスモデルを確立した例をご紹介していきます。