【近畿の魅力発信Vol.061大阪府豊中市】

【近畿の魅力発信Vol.061大阪府豊中市】
~魅力溢れるマチ『TOYONAKA!』、全国で『1番』の発祥地と溢れる魅力~

まず今回、豊中市の魅力を発信するにあたり、大変お忙しい中、
『豊中市役所 豊中市都市活力部 担当:上井様』に取材協力・資料提供を頂きました。
感謝の意を伝えるとともに、現在豊中市の新しい取り組みとして、平成29年4月より豊中市のホームページ上に豊中市の魅力を一つにまとめた新たなサイトを開設されます。
そちらには、今回私が纏めました魅力を含め、その他の様々な『TOYONAKA!』の素晴らしさを垣間見る事が出来ますので、そちらのご案内をこの場を借りさせて頂きます。
豊中市ホームページ

豊中市の魅力
【実は、】
〇名産・観光地も盛り沢山です!
・マチカネミート(ワニ肉)

豊中のマチカネワニにちなんだ食用ワニを使用した料理をマチカネミートとしてブランド化し、市内の店舗にて販売しています。

・豊中市のキャラクター『マチカネくん』

「マチカネくん」のモデルは、昭和39年(1964)に大阪大学豊中キャンパス(待兼山町)で発見された約45万年前の大きなマチカネワニの化石(約7メートル)です。市制施行50周年時のシンボルキャラクターとして誕生しました。そして、平成23年(2011年)、市制施行75周年を迎えたのを機に再登場!愛らしい姿で元気いっぱい活動し、より皆さんから親しまれる存在になるべく日々頑張っています。

公益社団法人日本青年会議所近畿地区協議会持続可能な近畿確立委員会は新たな経済循環のビジネスモデルを確立するために運動しています。地域の魅力と課題の発信、そしてそれを解決するため、市町村の枠を超えた地域の魅力同士のマッチングやコラボレーションの提案を目指しています。6月末までマッチング・コラボレーション先の募集をし、7月以降は実際にマッチング・コラボレーションし、課題を解決・ビジネスモデルを確立した例をご紹介していきます。